Fotolia_6555351_Subscription_XL.jpg

Report

2014-11-18

日光東照宮

Fotolia_8521253_Subscription_XXL.jpg元和2年4月17日(1616年6月1日)、徳川家康は駿府(現在の静岡)で死去した。遺命によって遺骸はただちに駿河国の久能山に葬られ、同年中に久能山東照宮の完成を見たが、翌・元和3年(1617年)、下野国日光に改葬された。同年4月(4月)に社殿が完成し(作事奉行は藤堂高虎が務めた)、朝廷から東照大権現の神号と正一位の位階の追贈を受け、4月8日(5月12日)に奥院廟塔に改葬され、4月17日(5月21日)に遷座祭が行われた。なお、改葬の際、吉田神道と山王神道のどちらで祀るかで論争となったが、天海が主張した山王一実神道が採用され、薬師如来を本地仏とする神仏習合によって祀られることになった。

寛永11年(1634年)には、9月(9月か10月)に3代将軍・徳川家光が日光社参し、寛永13年(1636年)の21年神忌に向けて寛永の大造替が始められ、今日見られる荘厳な社殿への大規模改築が行われた。総奉行(日光造営奉行)は秋元泰朝、作事奉行は藤堂高虎、そして普請は、江戸はもとより京・大阪からも集められた宮大工たちが、作事方大棟梁・甲良宗広一門の指揮の下で務めた。この年には江戸に来訪した朝鮮通信使が対馬藩主・宗氏の要請で日光参詣を行っており、将軍家の政治的威光にも利用されている。正保2年(1645年)に朝廷から宮号が授与されて東照社から東照宮に改称した。国家守護の「日本之神」として、翌年の例祭からは朝廷からの奉幣が恒例となり、奉幣使(日光例幣使)が派遣された。

家康が日光に祀られることになったのは、家康本人の遺言からである。家康は遺言中に「遺体は久能山に納め、(中略)一周忌が過ぎたならば、日光山に小さな堂を建てて勧請し、神として祀ること。そして、八州[1]の鎮守となろう」と述べている。家康が目指した「八州の鎮守」とは、日本全土の平和の守り神でもある。家康は、不動の北辰(北極星)の位置から徳川幕府の安泰と日本の恒久平和を守ろうとしたのである。

明治元年(1869年)の神仏分離により、日光は神社の東照宮・二荒山神社、寺院の輪王寺の二社一寺の形式に分立した。現在でも、一部の施設について東照宮と輪王寺の間で帰属について係争中のものがある。1873年(明治6年)に別格官幣社に列せられ、第二次世界大戦後は神社本庁の別表神社となっていたが、1985年(昭和60年)に神社本庁を離れて単立神社となった。
社殿に見える動物

Fotolia_12046309_Subscription_XL(2).jpg

Curabitur lacinia adipiscing volutpat. Nullam aliquam dictum nibh, sed sodales orci aliquet eu. Vestibulum accumsan diam sit amet metus tincidunt hendrerit. Class aptent taciti sociosqu ad litora torquent per conubia nostra, per inceptos himenaeos. Sed tincidunt, odio et rutrum venenatis, nulla risus lacinia diam, iaculis molestie dui nulla vitae neque. Quisque ultrices velit non leo scelerisque sed sagittis velit lobortis. Donec ac orci sit amet tortor pharetra accumsan. Etiam gravida rutrum orci, quis aliquet neque adipiscing ac. Phasellus vestibulum, quam id tincidunt congue, magna tellus dignissim quam, non pharetra arcu quam a lacus. Maecenas mollis ipsum eu ante elementum at pulvinar leo imperdiet. Praesent iaculis, ante at gravida blandit, enim ante mattis neque, at tempor sapien neque id urna. Ut varius ipsum ac lectus egestas in blandit diam aliquam. Nullam eu convallis lectus. Morbi in egestas turpis. Proin pellentesque metus quis dolor ultrices mollis.

Nam purus justo, molestie nec venenatis facilisis, tincidunt at tortor. Maecenas ut quam risus. Etiam purus enim, sollicitudin in fringilla id, pharetra sit amet felis. Phasellus sit amet quam sed nisi facilisis ultrices sit amet nec dui. Suspendisse eu eros mi, eu viverra risus. Etiam suscipit hendrerit lectus, accumsan suscipit mauris sodales non. Praesent at varius libero. Quisque vitae est non nisl tristique cursus. Nullam pretium, libero et convallis vestibulum, mi nisi dictum velit, sit amet convallis massa massa sit amet velit. Quisque purus urna, fringilla ut cursus bibendum, elementum eget arcu. Morbi feugiat feugiat scelerisque. Nullam eget metus quis nibh tempor bibendum. Pellentesque sodales, velit sit amet adipiscing commodo, dolor tellus mollis ante, quis lacinia nibh metus ac lacus. Nunc condimentum egestas enim. In hac habitasse platea dictumst. Cras purus tortor, eleifend in laoreet non, consectetur eget massa. Duis porttitor tempus orci at rhoncus.

沿革

日光東照宮の建物には、多様な動物の木彫像がみられることが多い。これらの動物のほとんどは平和を象徴している。眠り猫は踏ん張っていることから、実は家康を護るために寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢をしているともいわれているが、もう一つの教えとして、裏で雀が舞っていても「猫も寝るほどの平和」を表しているのである。

関連リンクLinkIcon

社殿に見える動物

神厩舎には猿の彫刻を施した8枚の浮彫画面があり、猿が馬を守る動物であるという伝承から用いられている。この8枚で猿の一生が描かれており、ひいては人間の平和な一生の過ごし方を説いたものとなっている。日光の木彫像の中で眠り猫に続いてよく知られている、「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名な三猿は、この神厩舎に造られたものの1枚に過ぎない。なお、「見ざる、言わざる、聞かざる」は「幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいい」という教えである。 

関連リンクLinkIcon

日光東照宮と陰陽道

日光東照宮は、陰陽道に強い影響を受け、本殿前に設けられた陽明門とその前の鳥居を中心に結んだ上空に北辰(北極星)が来るように造られているという。また、その線を真南に行けば江戸に着くとされ、さらに、主要な建物を線で結ぶと北斗(北斗七星)の配置と寸分違わぬよう設計されているという、そのため、陽明門前の写真店屋のある辺りが気学における四神相応(しじんそうおう)の土地相といわれている。ただし、Google Earth から経緯度を取得すると、江戸城本丸から日光東照宮本殿への方位角は353度16分20秒(6度43分40秒西振れ)となり、およそ南北の位置関係にあると言える程度である。

関連リンクLinkIcon